ふーみんの通院記録。

パニック障害と躁鬱と不眠症の主です。
現在精神科に通院中です。

過去に色々とあって腕にリスカの傷あとがあります、
それ故に後ろ指をさされたり、まともに扱ってもらえなかったりしました。
それを耐えてこれたのも数少ない理解者があったからだと思います、彼らには感謝してもしきれないほど。

このブログでは通院記録や精神状態の記録、日常など、ありのままの自分を書いていこうと思っています。

美容室でパニック発作が起きる、、。ほんとうに恥ずかしい、でも、 人の優しさに触れた。

今日は美容室に行ってきました、

とても緊張しました、

なぜなら

私にはパニック障害があるから。


もし、カットしてるときに発作が起きてしまったらどうしよう

とか

もし、美容師さんに迷惑かけて、しかも、気持ち悪がられ、引かれたらどうしよう、、

などなど

不安並べたらキリがないです。



今日は

案の定、

パニックを起こしてしまいました、

とても恥ずかしいです、、、イヤです、

私のプライドがズタボロになります。




行く際に、

デパスを飲んで行き、

美容室で20分くらいは平気でいられました、

でも


30分したあたりから

おかしくなり始めました、


心臓がバクバクなり、

冷静でいられず、

動いて気を紛らわしたくて仕方なくて、

頭がどうにかしそうで、、、

手が震えて、

止められなくて、

それが知られて恥ずかしくて、

どうしてこんなことに、

どうして、パニック障害なんかに、

どして普通になれないんだ、、、!



自分はどうして普通にしていられないんだ、

周りは普通にしてるのが当たり前なのに、、どうして自分だけが、、、

不満不満で心がいっぱいになりました



自分を責めて、

パニックを起こして

おかしくなっている状態を見られるのが恥ずかしくて、

苦しくて、イヤで、、、、




とにかく切羽詰まる状況でした。






その時担当してくれた美容師さんが

良い人だったので

偏見や引くこともせず、

ただ見守って

大丈夫ですか?

私には何ができますか?


と私を助けてくれるように

そう言ってくれました、


それが心からの救いでした。



とても親切な方です、

普通なら

こんなパニック障害をもった人に

まともに接しません、

頭のおかしな人だと割り切られます、


しかしその美容室さんは

このパニック障害についてなんの偏見も持たず、

助けようとなんとかしようとしてくれました、



偏見や引くことを微塵も見せずず、

善意から

私を助けようとしてくれたのを

私は分かりました。



とてもいい美容師さんににめぐり

会えたと思います、、。

ほんとうに感謝です。



パニック障害、

辛いけど、ほんとうに辛いけど、

この病気じゃなければ、

人の温かさ

優しさ

善意など

分からなかった、



だから

この病気でも

よかったな、と思える、1%でも

そう思える、

だったら

それはもう、

この病気に感謝するしかない、


この病気だからこそ、わかること

この病気だから、

悟れたこと、

それに感謝して生きる、


それしかない、

だって、

じゃなきゃこの病気になったのは

なんのためか分からないから。



辛いけど、

恥ずかしいけど、

苦しくて仕方がないけど、


私はパニック障害になる使命で、

こういうことを悟れと、

神様が言っているのだと


そう受け入れていくしかない。


病気じゃないと

気づけない、


病気じゃないと

気づけない、

だから私はこれでいいんだ、

こういうことになる使命だったんだ、

だから仕方ないんだ、


病気になる運命だったんだ、

そして

人の偏見、そして人の優しさ、温かさを知れと

そういうことなんだと。



だからもう

いいんだ、

パニック障害、

これは

何かのキッカケに過ぎない、

これから何かを気づく

キッカケにに過ぎない。


恥ずかしい、

辛いけど、

パニック障害、これは

神様が贈ってくれたもの、


この病気をフル活用して

また何かに気がつき、悟れるように、

そして、強くなれるように。



これが私の試練だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。